なんだかんだ大好きなまま

声豚のひとりごとですがアイコンは豚じゃないです

思っていた以上に好きだった話

※クソ在宅カスDDによるグチグチ後悔を書いた記事です。お察しください。

 

注意書きの通りです。

金も払ってない在宅のくせに何一丁前に書いてんだよ、そんな資格お前にはないだろっていうのは重々承知ですが、今の気持ちをメモしておくために綴ります。すみません。

 

 

会おうと思えばいつでも会える環境にいた人が、突然そこを去ることになった。

 

失礼な話だけど、正直その人のことは好きだけどそこまででもないというか、まぁまぁ好き、みたいな、自分の中で微妙なラインにいた人だった。

お芝居を聞いても特に好みでもなく、まぁまぁ好きだな、みたいな反応だったし、特別応援しているわけでもなく、しかし興味がないわけでもない、微妙なラインに位置していた。

なので「いつでも会えるし、今度気が向いたら行こうかな」と後回し後回しにして別の物事を優先し、他の好きな声優に会いに行ったりもしょっちゅうしていた。

この人とは会おうと思えばいつでも会える。だから今度会えばいい。

 

そんな中舞い降りたのが、会えなくなるという知らせ。

えっ?ってなった。とってもびっくりした。

でもまぁそこまで好きでもなかったから、残念だな、で終わるだろうと思っていた。

なのに自分でもびっくりするぐらい、じわじわとショックな気持ちが大きくなってきて、気がつけばずっとその人のことで頭がいっぱいになっていた。

次々とその人の好きなところが頭に浮かんできた。あのお芝居かっこよかったな、とか、あの歌とってもよかったな、とか、その人がいつでも会える環境にいた頃は思いもつかなかった好きな部分が、好きだという気持ちがいっぱい湧いてきた。

同時に、なんでもっと早く好きだという気持ちに気がつかなかったんだという悔しさも湧いてきた。

こんなに好きだったなんて思いもよらなかった。本当に。一切気がついていなかったから、他の人を優先にしていた。

もちろん優先した人たちも大好きだ。会いに行って後悔なんてしていない。

だけど今回去ってしまう人に対して、もっと私の中で優先順位を上げればよかったなと、今更になって思ってしまう。

 

私は推しと呼んでいる人こそたった1人だけだけど、好きな声優はいっぱいいる。それぞれの人に自分の中で優先順位をつけて、イベントに行く順位や頻度、出演作をどれぐらい追うか等を決めている。

推しがその中で優先順位の頂点に立っている。推しに対してはイベントが誰かと被っていようが必ず行くし、興味のない作品でも出演していれば聞くようにしている。手紙もプレゼントも送る。心から大好きだと呼べる人。

それより下の人だと、例えイベントだろうが出演作だろうが、興味がなければ行かないし見ない。興味があっても推しのイベントと被ったら蹴る。そうやって優先順位をつけてきた。

その優先順位の中で、今回去ってしまう人はかなり低い位置にいた。最後に会えるチャンスだった時も、別の人を優先した。その時はまだ全く自分の気持ちに気がつけていなかった。全然好きじゃないと思っていた。

 

なのに何で今更になってこんなに好きだという気持ちが湧いてくるのか。自分でも全くわからない。

あんなに興味が薄かったくせに、何故今になって好きだと思うのか。

しかもここまで書いておいて何だけど、正直今まで会いにいかなかったことは別に後悔していない。注意書きにはわかりやすく後悔と書いたけど、胸の中に渦巻いているのは後悔ではなく好きだという気持ちへの戸惑いだ。

だって前はそんなに好きじゃなかったから、あまり会いに行きたいとも思ってなかった。わざわざ会いに行くほど好きでもないし、そのお金があるなら別の好きな人に注ぎ込んでいた。

行きたいけど行けないではなく、完全に行く気がない。開き直ったクソ在宅でしかない(そもそも在宅以前にファンですらなかった)

 

だからはっきり好きだと自覚した今から、この人に対する優先順位をぐんと上げました。

幸い役者は続けるみたいだし、いつか会える機会があると信じているので、その時こそちゃんと足を運ぶと決めている。

 

しかしいつからこんなに好きになっていたのか全くわからなくて、非常に戸惑っている。

会えなくなると知ったその時からか、それとも前からじわじわ好きだったのか、それすらわからない。

確かに興味は薄かったけど、それでもお芝居や歌声が忘れられなくて、はっきり好きだとは言えないけどずるずると引っ張られるような、不思議な人だった。

 

好きという気持ちは難しい。自覚のない好きっていうのもあるんだなぁ、と、初めての感覚を味わった話でした。