なんだかんだ大好きなまま

声豚のひとりごとですがアイコンは豚じゃないです

推しとオタクの相性の話

対象が何であれ、オタクというのは基本的には趣味として楽しんでいるものなので、迷惑行為をしていなかったらそれこそどんなスタンスで楽しんでも許されるものだと思っています。

出演作を見るもよし、現場に足繁く通うもよし、手紙を書くもよし、SNSで共通の趣味の人と繋がってワイワイするもよし。オタク同士合う合わないはあれど、個人で楽しむ分には常識の範囲内でならどんなことをしてもいいと思っています。

推しに対しても、迷惑行為でなければ、各自のスタンスでアクションを起こしてもいいと私は考えています。

推しに対して肯定の意見しか言わないもよし、ここはちょっと……って思ったらそれを本人に伝えるもよし。攻撃的でなければ改善点を伝えるのも、私はファンの行動として許される範囲だと思っています。

よく現場派と在宅派が競い合ったり、推しに盲目派と悪いところは言うべき派が争ったりしていますが、それはオタク同士の話であり、演者はこちらのスタンスなんてあんまり気にしていないのだろうなって今までは思っていました。

そう、今までは。

 

最近、「推し(演者)もオタクに対して合う合わないって感じてるんだな……」と思う出来事がありました。

オタク的にはその行動はよく見かけるものだし、私もよくやるなぁといった感じだったのですが、その推されてる側的には受け入れられなかったようで、まぁなんやかんやありました(曖昧)

それはよく見るオタク同士の、これは間違ってるけどこれは正しい!という主張の「正しい」方に当てはまる行動でもあったのですが(私は別に正しいと思ってやっているわけではないのですが、よく見かけるいざこざなので例としてあげました)、演者的にはこれが無理だと思う人もいるのか……とびっくりしました。

推しとオタクって1対多数なので、人間関係というのはおかしい話ではあるのですが、それでも人間同士なので、馬が合う合わないというのがここにも表れるのかぁ……と思いました。

ただ推し側はオタクに対して露骨に嫌な顔はあんまりできないと思うので、オタク側はそういうの気がつきにくいとは思うのですが、それでも内心どう思ってるのかはわかんないよな……って一気に怖くなりました。前まで普通に「ありがとうございます」って言ってたのに、内心これなのか……って青ざめました。

こういう風に書くとまるで迷惑行為でもしてたのでは?って感じですが、全然そんなことしてないです。ほんとに、何の変哲もないオタクだったのに。これが迷惑行為だったら、オタク何にもできないよ!?ってなるぐらい普通の行動なのに。

それでも向こうは気が合わなかったらしく、なんというか私的には正直相手の方がよっぽど大人気ないことしてんなぁ……って感じなんですけど。もやもや。

 

自分はこれが楽しくて、このスタンスが合っているけど、向こうがそれを受け入れてくれるかは話が別ですよね。

オタク同士でこのスタンスは駄目このスタンスが正しい!って主張しても、推しもそう思っているかというと話は別ですし。今回の件はよく話題にあがるオタク同士の争いの「正しい」と主張されがちな行動だったので、より強くそう思いました。言い方悪いけど、オタク的には他のオタクにマウントを取れる要素かもしれないけど、推し的にはそれ嫌だなぁ……って渋い顔してるのかもしれないんですよね。

そういうのって誰が悪いだとかどちらの責任だとかそういうのではなくて、結局1対1ではないにしろ人間同士なので、気が合う合わないの話なんだなぁ……と、人間関係の面倒臭さを推し相手にも実感しました。

でもこれは推しがだんだん自分と合わなくなってきてやめていくオタクの演者バージョンみたいなものなのかもしれないですね。推しが苦手になってきてオタクやめるのも、ある意味気が合う合わないの話なのかも。

 

うまくまとまらないけど、好きになった推しが自分と気が合う人だと幸せだよね、って話です。

私の場合はどうかなぁ〜?目立って拒絶されてないからセーフかな(笑)

 

別に相手のことを悪く言うわけではないけど、この人今後オタクたくさん増えたらどうすんだろ?いちいち気に障って腹立てんのかな?

オタクの好き嫌いが激しい演者って大変そうだなぁ、と思いました。こなみかん。